上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国語の授業で島崎藤村の「初恋」をやったんですが、いいですね。
言葉ではうまく表せないんですが、いいですね。
「恋の盃」とか、いいですね。
ちょっと心臓に来ます。

これまた国語、これは選択授業なんですが、以前の入試問題なんかをやっています。
それにあった問題の中で気になったのが、「ニヒリズム」。
「人生や世の中のことは全てむなしいとする考え」だそうですが、
そういった人生の無常に心を奪われながらも、
日本人は極端にその方向に走ることはなかったそうで。
人生の無常と現実への希望との調和がうまく取れていたんでしょうね。
というより、その調和が取れているからこそ、人間は生きていけるのかもしれません。
なんか自分でもだんだんよく分からなくなってきた気がするのでこの辺で。
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://dctub.blog68.fc2.com/tb.php/36-ba078f59

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。